日誌

令和元年度 >> 記事詳細

2019/07/19

「租税教室」を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理者1

  講師として,地元吉野川市で税理士事務所を開業されている西岡稔晴税理士をお迎えし,令和元年7月12日(金),3年生の商業科の生徒を対象に,租税教室を実施しました。
 『税の仕組みについて』と題し,「税の意義や役割,基本的な税の仕組みを説明した上で税への関心を高め,納税者としての自覚を身につけさせる」のご講演となりました。梅雨の晴れ間で蒸し暑い日でしたが,生徒も卒業を約半年後に控えた時期であり真剣かつ意欲的な姿勢で講演会に臨んでおり,税をより身近なものと感じる講演会となったようです。
                              


                                                              租税教室の様子
 
 
 
 
 

講演を聞いての生徒の感想(抜粋)
・私たちも社会人に少しずつ近づいてきているので,税金にも関心をもちこれからの生活を送っていきたいと思います。
・税を納める者として税金の使い道をきちんと把握し,納税者として意識ある行動をとっていきたいです。
・税負担がこれからも上昇すると思うと嫌になりますが,私たちの生活がよくなるよう有意義に使ってほしいと思いました。
・納税は国民の義務であるとともに,国民生活を支える「会費」というとらえ方もできることを知りました。
・どのように税金が集められているかや,自分たちのために使われていることを知ることができ良かったです。


14:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)